ビジネスローンを初めて利用する人が知っておくとタメになる情報

前もって知っておきたい!初心者のためのビジネスローン基礎知識

返済計画を立てて双方がwin-winになるようにしましょう!

ビジネスローンの利用にあたり、元本以外に少なからず金利の支払いが必要です。単に設備投資や事業拡大を希望するのではなく、中長期的な視点で返済計画を立てる必要があります。特に初心者の場合、自分の経営状況を踏まえたうえでできるだけ負担が小さい所を選ぶのがオススメです。

カードローンの利用に不安を抱く場合に確認すると良い情報

初めてカードローンの利用をするとなれば、返済が滞ったり、売上が出なかったりするのを懸念する事業経営者はいるかもしれません。特に金利が大きい商品を利用する場合は、返済への負担も掛かります。心理面に不安を抱く人が少しでもプラスになる情報を届けるので、参考にしてください。

ビジネスローンの利用には会社選びが大事

設備投資や運転資金確保のような事業資金確保の用途で利用する商品で、ビジネスローンがあります。カードローンやフリーローンと異なり、生活資金の用途では利用できません。

ビジネスローンは、個人の借入金額が年収の3分の1までに制限される総量規制の対象外商品です。例えば、収益が300万円であっても、100万円以上の融資を受けることができます。条件次第では、高額な費用を希望する場合に対応できるかもしれません。ただし、過去の財務内容や支出状況、預金額などの情報は調査されます。そのため、金融事故歴があったり収益が低かったりした場合だと、お断りとなるでしょう。

ビジネスローンを利用する際の提出書類は、数万円単位なら不要かもしれません。しかし、高額になれば確定申告書のような収入証明書、法人であれば2期分の決裁書や発行日から3か月以内の商業登録登記簿謄本などが要るはず。他には、所得証明書の提出も求められるでしょう。多くの事業経営者は毎年確定申告をしているため、収入申告書はすぐに揃うでしょう。しかし、行政が発行する書類を揃えるには日時を要する場合も。ビジネスローンのスムーズな利用に繋げるには、書類の準備期間を逆算したうえで進める作業も欠かせません。

事業経営者が銀行からの融資を断られた場合に、消費者金融やローン会社のビジネスローンを利用するケースがあります。会社によっては、貸し倒れのリスクを想定して法定の上限金利を設定することも。審査は甘いかもしれませんが、返済への負担が大きくなりかねません。利用する際、返済計画を立てる以外に心理面の不安解消を図るようにしましょう。

先ずはビジネスローンについて確認しましょう

事業経営者が資金確保のために利用する場合、ビジネスローンは選択肢の1つになるかもしれません。銀行や政策金融公庫のような金融機関以外に、消費者金融やローン会社の商品も。ちなみに、後者の方が金利は高めな傾向です。自分に合った会社選びを行い、可能な範囲で事業経営の負担軽減を図るのはいかがでしょうか。